ハクビシン駆除で快適な生活空間を確保しよう│害獣退治ガイドライン

女性作業員

活動時間や侵入方法

駆除

高いところから屋根に侵入

ハクビシンの怖いところは、どこからでも住宅に侵入できるという点です。木登りができる害獣ということもあり、電信柱等から侵入するケースもあります。特に都心部の場合は電信柱や民家の木から侵入するということが多いでしょう。高い場所から侵入された場合、屋根裏に住み着く可能性があります。家の近くに電柱や木があるという人は注意が必要です。また、ハクビシンは夜間を中心に活動するのも1つの特徴です。寝ている間に侵入されて被害に遭ったという人も少なくないでしょう。朝起きたら室内が荒らされていたということにならない為に、痕跡を発見したらハクビシン駆除業者に相談してみることが大切です。ハクビシンなのかどうか分からないという場合でも、害獣駆除業者であればしっかり調査してくれるので安心です。

ハクビシン駆除のプロに任せよう

猫位のサイズであれば、自分でハクビシン駆除をした方が早いと考える人も多くいます。確かに、最近では害獣駆除グッズもホームセンター等で手に入れることが出来るので、やろうと思えば自分で出来るでしょう。しかし、ここで注意しておきたいのがハクビシンのことを全く知らない状態で駆除しようとすると逆に攻撃されてしまう可能性があるということです。ハクビシンは可愛らしい見た目ではありますが、その生態はかなり凶暴なものです。人間に攻撃されると悟ると、かなり凶暴な攻撃性を見せてきます。ハクビシン駆除を自分で行なうのであれば、怪我をしないよう対策が必要でしょう。また、ハクビシンは感染症を持っている可能性もあります。自分で無理に駆除しようとするのではなく、ハクビシン駆除業者に任せる方が安全でしょう。